Lesson1


家具を選ぶ前のポイント

 

 

いきなり家具を購入するのはとってもむずかしいもの。

自分なりのイメージや部屋のサイズなどを知っておきましょう。

 

●イメージ

好きな家具やインテリアの雑誌を集めてみましょう

 

●リストアップ

必要アイテム、買い替えずに使用するアイテムチェック

 

●サイズ

家具を置く部屋を実際に採寸。設置場所だけでなく、玄関口・部屋口、階段スペースなどのサイズも忘れずに。

 

●予算

購入予算計画表を作成しましょう。現金・カード・ローン払いなどもお忘れなく。

 

 

 

Lesson2


ダイニング

 

食事だけでなく、くつろぎの場として最もひんぱんに使う家具です。最も大切なポイントは、家族人数分のイスとそれに合う大きさのテーブルであること。

 

●ダイニングテーブル&チェア

使い方に合わせて対応できる伸張式のテーブルはいかが・・・

2人掛けなら伸張式がおすすめ。使い方に合わせて伸張できるからコンパクトな空間にピッタリ。

4人掛けの場合は幅130×奥行80cmが目安ですが、スペースに余裕がない場合は一方を壁づけすると省スペースに。

チェアは座り心地のいいイスを優先しましょう。

 

 

●食器棚

食器はどんどん増えるので、大きめを選ぶのが鉄則

食器類、調理家具製品も丸ごと収納できるものは、すっきりとかたづけて○。

また、リビングルームから食器類が丸見えの場合は、扉はフロストガラスを、省スペースの方は引き戸の物がおすすめ。

 

 

●キッチンカウンター

1台で三役こなすキッチンカウンター

シンクやガスコンロを対面式に配置すると作業台になり、キッチンが丸見えで落ちつきがない場合は、仕切れば目隠しの役目も果たします。さらに、収納もプラスされてとても便利。